ビハキュアの効果|美白化粧品が逆効果になる注意したい3つの場面

美白化粧品が逆効果になる注意したい3つの場面 ビハキュア基礎知識

美白化粧品逆効果になる!?

MISATO
MISATO

私もしばらく前からいろいろな美白化粧品を使ってきましたが、ぜんぜん効果を実感できないどころかまさかの”逆効果”を体験したことがあります。これでは本末転倒ですよね。

そこで「美白化粧品で逆効果になってしまう‥」という方へ向けて、実際に私の体験談から詳しく対処方法などを口コミしようと思います。

  • 美白化粧品で逆効果になる原因が知りたい‥。
  • 逆効果にならない美白美容液の使い方が知りたい‥。

そんな疑問を解消できる内容になります。

美白化粧品で逆効果!?①暮らしのスタイル

美白化粧品で逆効果!?①暮らしのスタイル

MISATO
MISATO

美白化粧品は使うタイミングや普段の生活習慣で

逆効果になる場合があります。

生活習慣といえば”不規則な生活”や”食習慣”などを思い浮かべる人もいますが、美白化粧品を利用する場合はそれ以外にも注意が必要になります。

美白化粧品を利用すると肌を紫外線から保護する色素も薄くなってしまい「紫外線対策」をしないと逆にシミなどが出来やすくなる場合があるからです。

美白化粧品を利用しても紫外線に対して無防備な状態であれば逆効果で、ダメージの蓄積の方が勝ってしまう場合があります。美白成分自体が肌を刺激する特性を持つ場合もあり、出かける前の利用を避けるなど特性をよく知っておく必要があるのです。

美白化粧品 逆効果

対策になるのが”紫外線をカットできる化粧品”を利用すること、または”日焼け止め”などをしっかりと利用することです。

意外と見落としがちな原因「紫外線」は、

一年中降り注いでいるということです。

紫外線は目に見えず、曇りや雨の日でも雲を貫通して地上に届きます。外に出る場合の紫外線対策は必須になっているのです。

MISATO
MISATO

私が使っているビハキュアもそうですが美白化粧品のほとんどは夜に使うことを前提にしていて、寝る前のスキンケアの一部として利用することが多くなります。

美白成分の中には肌に刺激を与えるものがあるため、しっかりと保湿して休ませること、睡眠時間を確保して肌のターンオーバーを促すことも大切です。

美白化粧品を使えば必ず美白に近づくわけではなく、体質などの影響を受けることに注意が必要です。自分の肌に合わないものを利用すれば肌にダメージが蓄積し、逆効果になってしまうことがあるのです。

( ..)φメモメモ
美白化粧品で押さえておきたい”キレイ”を目指せる成分

美白化粧品で逆効果!?②防腐剤などの添加物

美白化粧品で逆効果!?②防腐剤などの添加物

MISATO
MISATO

肌への刺激はシミなどの色素沈着の原因になるだけでなく、

肌荒れの原因にもなります。

美白化粧品だからと言って必ず肌に優しいわけではなく、かえって刺激を与えてしまうケースもあります。そのため保存料を含めた「添加物」をしっかりとチェックすることも大切で、不安要素がある場合は避ける必要があります。

体質や肌質が原因の場合は、

自分に合わない美白化粧品を使わないのが対策になります。

添加物を最低限にした美白化粧品も珍しくなくなっているため、自分の肌質にあわせて選ぶことが大切になります。購入する美白化粧品をしっかりと選べば逆効果になるということは減らせます。

また正規ルートから購入し、転売品の購入を避けるなど品質面にも気を配るのもおすすめです。

美白化粧品 逆効果

偽物などを購入すれば品質の保証が出来ないだけでなく、保管の環境がわからなければ劣化も疑われる状態になってしまいます。あくまでメーカーの品質が保たれていることが前提になるため、未開封であってもフリマアプリなどで購入するのを避けた方が良いです。

ビハキュアも含めて、自然派に近い美白化粧品は早めに使い切るのが基本になるため注意が必要です。

( ..)φメモメモ
美白化粧品に期待できる効果ってなにがあるの?

美白化粧品で逆効果!?③使っている化粧品

美白化粧品で逆効果!?③使っている化粧品

MISATO
MISATO

美白化粧品を利用していて、どうしても効果を感じない場合は

「使っている化粧品の成分」をチェックするのも方法です。

これは化粧品同士の成分の相性が悪く、逆効果になってしまうことがあるからです。

また美白化粧品は、各ブランドで完結するラインナップになっていることが多くなります。他のブランドの美白化粧品との併用を想定していないことも多く、早く美白になりたいからと複数の美白化粧品を利用すると成分が過剰になり逆効果になることも考えられます。

この場合は原因となる化粧品の併用を見直すことが対策になります。

美白化粧品を利用していても、肌への刺激が強い化粧品の併用を続けていればマイナスが勝ってしまうことがあります。美白成分自体が肌に負担をかけることもあるため、成分が過剰な状態になっていないかも気を配るのがおすすめです。

MISATO
MISATO

美白化粧品の”ブランド”で利用する化粧品を

統一することも対策になります。

もし刺激が強いと感じる場合は化粧品ブランド自体の見直しや、一部のみを利用して残りを自然派の化粧品に変えるといったアプローチも視野に入ります。

タール系の成分は色素沈着を招きやすいため併用する化粧品の成分をチェックすることも大切ですが、美白を目指す場合は色の濃いメイクを避けるなどの工夫をした方がトラブルも避けられるようになります。

( ..)φメモメモ
よりキレイをめざせる美白化粧品の選び方

美白化粧品が逆効果になる場面まとめ

美白化粧品が逆効果になる場面まとめ

美白化粧品が”逆効果”になる場面を、実際に体験からお伝えしました。

もう一度ここまでをまとめます。

  • 暮らしのスタイル(乱れ)によって逆効果になる場合があるので、もう一度ライフスタイルを見直す。
  • 防腐剤などの添加物が入っていないかチェックをする。
  • いつも使っている化粧品を見直してみる。

この中でもとくに逆効果になる可能性として考えられるのが「防腐剤や香料などの添加物」です。

こればかりは美白化粧品を購入する前にチェックしておくことが重要になりますので、ぜひ私が愛用しているビハキュアのように無添加で天然成分で構成されている商品を選んでみてください。

MISATO
MISATO

あとは美白化粧品以外の要素による原因となりますので、美白化粧品で逆効果にならないためにもぜひ自分の生活習慣や周りの化粧品についても気を配ってみられることをおすすめします。

私が実際に使った口コミをチェック♪
↓ ↓ ↓
📄ビハキュアの効果

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました