ビハキュアの効果|美白化粧品で押さえておきたい”キレイ”を目指せる成分

【美白化粧品】押さえておきたい”キレイ”を目指せる成分 ビハキュア基礎知識
MISATO
MISATO

美白化粧品で高い効果を期待できるビハキュアですが、押さえておきたい”キレイ”を目指せる成分について知っておくとケア商品選びで迷うこともなくなります。

そこで「よりキレイを目指せる成分」について詳しくお話しします。

キレイがめざせる成分①ハイドロキノン

キレイがめざせる成分①ハイドロキノン

MISATO
MISATO

美白化粧品を選ぶときに一番にチェックしてほしい成分は「ハイドロキノン」です。実はこの成分、美白効果で名の知れた成分。

シミ対策で最も効果を引き出すといわれる成分がハイドロキノンです。

ハイドロキノンは、イチゴ類、麦芽、コーヒー、紅茶など天然にも存在する成分ですが、還元作用があり写真の現像に使われています。現像していた人の肌が白くなったことから美白作用のあることが発見されました。ハイドロキノンは、シミの原因であるメラニン色素 の合成を阻止する働きがあり、その美白効果はコウジ酸やアルブチンの数10倍~100倍といわれています。

出典:ロート製薬株式会社”スキンケア研究所

これは「お肌の漂白剤」とも呼ばれており、強い美白効果があることで知れ渡っています。

時に家庭で使える美白化粧品の中で、シミに効果が出るのはこの成分が唯一!なんて言われていますよね。それくらい飛び抜けた美白効果を期待できる成分がハイドロキノンなのです。

 

ハイドロキノンはかなり強い美白効果が期待できることは確実ですが、その反面副作用の恐れがあるということで少々注意する点もあります。

そもそもハイドロキノンは皮膚科などの医療機関で実際に扱われている成分で、下手なものを選ぶと刺激が強すぎて副作用で肌トラブルに発展することもあるのです。

美白化粧品 成分

なるべく安全性の高い「ハイドロキノン入りの美白化粧品」を使うのが一番のおすすめです。リスクはあるものの、ハイドロキノンは非常に高い効果の期待できる美白作用を持っています。

シミさえにも効果が期待できる成分入りの美白化粧品をお探しなら、必ずハイドロキノン入りのものを選びましょう。

キレイがめざせる成分②ビタミンC誘導体

キレイがめざせる成分②ビタミンC誘導体

MISATO
MISATO

また美白化粧品でオススメの成分は、言わずと知れた「ビタミンC誘導体」です。これもまた美白効果で名の知れた成分です。

ビタミンC誘導体とはただのビタミンCではありません。

ビタミンCは美白効果で良く知られていますが実は少々欠点がありまして、成分が肌に浸透しにくいこと。通常のビタミンCは外面から塗ったとしても肌のバリア機能が壁となり、浸透しにくいです。このせいでせっかくの効果がうまく発揮されません。

ビタミンC誘導体とは?

メラニンの生成をおさえながら新陳代謝をアップしてメラニンの排出を助け、色素沈着の改善を促します。また、皮脂分泌のコントロールや肌をなめらかにする作用など、ざらざら肌・オイリー肌・にきび肌から大人の肌ケアにも効果が期待されます。しかし皮脂の分泌を抑える作用によって乾燥しやすい肌になったり、敏感肌の人には逆に乾燥しやすくなったり、また、刺激を与えてしまうこともあるようです。

出典:医療法人瀬戸内科医院ブログ

しかしビタミンC誘導体であればブドウ糖と合わせることで、通常のビタミンCよりもずっと肌に浸透しやすくなります。このおかげで肌に馴染んで行きやすく、しっかりその働きを発揮してくれるのですね。

美白化粧品 成分

ハイドロキノンもそうですが、ビタミンC誘導体には皮膚に溜まったメラニンを逆戻りさせてシミを薄くしてくれる効果が期待できる成分。さらにはメラニンが作られるのを抑制する働きもあり、非常に美白効果の高い成分といえます。

透明感のあるまさに美白のお肌にこだわる方は、ぜひこのビタミンC誘導体が含まれた美白化粧品を使ってみてください。ビタミンC誘導体という成分が含まれた美白化粧品を選べば、しっかり肌へ浸透し、自分の役目を全うしてくれるはずです。

キレイがめざせる成分③トラネキサム酸

キレイがめざせる成分③トラネキサム酸

MISATO
MISATO

最後に美白化粧品でオススメの成分は、「トラネキサム酸」です。こちらは上記の二つと比べると今一歩並ぶことはできませんが、それでも美白効果に一役買います。

トラネキサム酸は、タンパク質を構成する成分である必須アミノ酸リシンを元に人工合成されたアミノ酸の一種であり、炎症を引き起こす生体内の酵素「プラスミン」を抑制する「抗プラスミン作用」を持っています。喉の腫れや口内炎を治療する薬から、毎日使う歯磨き粉など、幅広く使われています。

出典:第一三共ヘルスケア

トラネキサム酸というのはシミへの効果は今一歩ですが、代わりに肝斑へ効果的です。

肝斑とは女性ホルモンの働きのせいでできるもので、シミと勘違いされやすい左右対称の肌荒れです。シミとは違ってもやっと頬に薄らでき、広い範囲に広がります。

この肌トラブルをシミと勘違いしやすいのです。

 

トラネキサム酸には、この肝斑を改善させる働きが期待できます。

シミかと思ったらシミでなく肝斑である場合もあるので、美白効果でしっかりキレイな肌をめざしたいのであれば、トラネキサム酸という成分にも注目してほしいもの。

美白化粧品 成分

このトラネキサム酸の含まれた美白化粧品を選んで、美しい肌をめざしてください。

トラネキサム酸は他にもメラニンを抑制する働きを持っているので、シミや肌荒れの予防効果にも期待できます。シミを改善して美白するだけではなくシミの予防効果を高めたい場合にも非常に大事な成分。

このような理由で、トラネキサム酸が含まれた美白化粧品もおすすめです。

まとめ

MISATO
MISATO

お話ししたように高い効果も期待できる

美白成分はおもに3種類。

美白ケア商品ビハキュアにも使われている成分で、しっかりとケアをすれば高い美白効果を期待できておすすめです。

ぜひこうした成分が含まれている美白化粧品をお選びになってみてくださいね。

自分

私が実際に使った口コミをチェック♪

ビハキュア amazon
↓ ↓ ↓
📄ビハキュアの効果

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました